アメックスとダイナース徹底比較。どちらを持つべき?

クレジットカードの「5大ブランド」ってご存知ですか?クレジットカードは、「海外でも利用できる」という点が非常に大きなメリットで、海外旅行や海外出張の時には重宝するものです。しかし、国境を越えて世界じゅうで使用できる国際ブランドというのは、実は5つしか存在しません。
その5大ブランドとは、“VISA”、“Master Card”、“JCB”、“AMERICAN EXPRESS(AMEX)”、“Diners Club”です。国際ブランドではない国内のカード発行会社が発行しているクレジットカードでも、大抵がこの5大ブランドのいずれかと提携して、世界で使用できるようになっています。

 

このクレジットカード5大国際ブランドの中で、世界じゅうで一番のシェアを誇っているのは、皆さん大方の予測が付いていると思いますが、ズバリ“VISA”です。海外に行く機会がほとんどなく、主に日常生活に使用するためにクレジットカードを持っている方でも、ご自身のカードを見ていただくと、“VISA”のマークが入っているという方は非常に多いと思います。
VISAは加盟点数が世界最大なので、日本国内はもちろん世界中どこでも大抵のお店で利用できます。そして“VISA”に次ぐ会員数、同等レベルの加盟点数を誇るのが“Master Card”です。“VISA”と“Master Card”は、「世界2大ブランド」と称されています。

 

日本国内で最も加盟店が多いのは“JCB”です。JCBとは、Japan Credit Bureau(ジャパンクレジットビューロー)の略で、5大ブランドの中で唯一の日本のクレジットカード会社なのです。他の4つはアメリカの会社なのですが、日本のクレジットカードが堂々と5大ブランドの仲間入りをしているというわけです。
日本のブランドなので、国内における加盟店の多さは当然のことで、国内でクレジットカードを使用する分には、JCBだけで十分に事足ります。しかし、海外では使用できないケースが少なくないようです。

 

こうしてみると、クレジットカードの国際ブランドを選ぶなら、“VISA”か“Master Card”、国内でしか使用しないなら“JCB”ということになりそうなのですが、残る2つのブランド“AMERICAN EXPRESS(AMEX)”と“Diners Club”は、会員数や加盟点数とは別の次元で大きな価値を持っています。
というのも、この2つのブランドは、非常に高いステイタスを持つプレミアムカードとして世界中で知られており、これらを提示するだけでホテルやレストランでの待遇が変わるとも言われているほどなのです。

 

ダイナースとアメックス。これら2つのブランドは、クレジットカードが世間一般に浸透し、さらなる売上シェア拡大を目指して各カード会社が年会費や審査基準の引き下げへと向かう中でも、一定水準以上のプレミア感を失わぬように、断固としてそのポリシーを貫き通しています。
そして、そのステイタス性、プレミア感、他社と比較して高額な年会費設定に見合うだけの、質の高いサービスにこだわり続けているという特徴もあります。世界5大ブランドの中でも、ダイナースとアメックスは別格の「2大ステイタスカード」として、世界中で認知されているのです。

 

さて、このダイナースとアメックスは、2大ステイタスカードというだけあって、とかく並び称され比較されることも多い、いわば「ライバル同士」のクレジットカードです。「ステイタスの高いクレジットカードを持ちたい!」と思ったとき、多くの人が「ダイナースにするか、アメックスにするか」という迷いを抱くことでしょう。
2大プレミアムカードと一括りにしても、全く別のカードですか当然それぞれに特徴があります。「どちらを選ぶか?」という問いについては、双方のカードの特徴をよく知って、自身に合ったものを選択するのがベストと言えるでしょう。

アメックスとダイナースの歴史

クレジットカードの中でも、最高峰のステイタスを持つブランドとして名高いダイナースとアメックス。ダイナースとアメックスが他の追随を許さないステイタスカードとしての威厳を持ち続けているのは、両者がクレジットカード及びプレミアムカードの発祥に関わる古い歴史を持ったカードであることが、一つの理由として考えられます。

 

ダイナースクラブは、1950年(昭和24年)にアメリカのニューヨーク市で設立され、世界初の汎用型クレジットカードを世に送り出したと言われています。それから8年後の1958年(昭和33年)、アメリカを本拠地としてトラベラーズチェックや旅行事業を主に展開していたアメリカン・エキスプレス(アメックス)が、クレジットカード事業に参入しました。同じ年には、VISAの前身であるバンク・オブアメリカカードも設立されています。

 

プレミアムカードの代名詞である「ゴールドカード」が世界で最初に登場したのは1972年(昭和47年)、イギリスのカード会社、カルテ・ブランシェ(Carte Blanche,1959年設立)が発行しました。その3年後、1975年(昭和50年)に、アメックスがゴールドカードを発行しています。

 

日本においては、丸井が日本初のクレジットカードを発行した1960年(昭和35年)に、日本ダイナースクラブが設立、3年後の1963年(昭和38年)にカードを発行します。その後、JCBやディーシーカードなど多数のクレジットカードが発行され、1980年(昭和55年)にようやくアメックスが日本でカードを発行することになりますが、その登場は衝撃的なものでした。なぜなら、アメックスが日本で発行した最初のカードは「ゴールドカード」だったからです。アメックスゴールドは、日本初のゴールドカードでした。

アメックスとダイナースカードの種類

ダイナースカード及びアメックスカードは、一般的なグレードのカードであっても、「ダイナース」「アメックス」というブランドそのものが高いステイタスを持つと言われるクレジットカードですが、それぞれグレードの違ういくつかの種類のカードを持っています。話の便宜上、まずはアメックスから紹介してみたいと思います。

 

アメックスカードのプロパーカード(他社と提携していないカード)は、一般カードである「アメリカン・エキスプレス・カード(通称グリーンカード)」、「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」、「アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード」、「アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード(通称ブラックカード)」の4種類で、記述順にグレードが上がっていきます。「一般<ゴールド<プラチナ<ブラック」という、一般的に知られるクレジットカードのグレード概念に当てはめて、わかりやすく作られています。

 

一方ダイナースクラブは、ゴールドカードやプラチナカードといった概念そのものを有しておらず、プロパーカードは「ダイナースクラブカード」と「ダイナースクラブ・プレミアムカード」の2種類しか存在しませんし、他社との提携カードにおいても、「ゴールド」や「プラチナ」という文言の付くカードはありません。

 

ただし、ダイナースカードの場合は、「ダイナースクラブカード」そのものが、一般的なゴールドカード以上、或いはプラチナにも迫るほどの価値を持つカードであると言われており、ダイナースクラブカードを「一般カード」として認識している方はほぼ居ないと言って良いでしょう。そして、「ダイナースクラブ・プレミアムカード」は、クレジットカードの最高峰「ブラックカード」クラスのカードであるとされています。

 

アメックスのプラチナカード及びセンチュリオンカード、ダイナースのプレミアムカードに関しては、カード会社から招待を受けて初めて入会することのできるインビテーションカードとなっています。

アメックスカードとダイナースカードの年会費

ダイナースカードとアメックスカードは、その名だけで一目置かれる二大ステイタスカードですから、年会費設定も一般的なクレジットカードとは一線を画しています。

 

一般的なゴールドカード以上の価値を持つとされている「ダイナースクラブカード」の年会費は15,750円です。これは一般カードどころか、ゴールドカードとしても平均より高い値段設定になります。最近では、年会費が5,000円を下回るゴールドカードや、初年度の年会費を無料にしているゴールドカードも珍しくないことを考えると、ご納得いただけるかと思います。

 

アメックスの一般カードであるアメリカン・エキスプレス・カード(通称グリーンカード)は年会費12,600円で、こちらも一般のゴールドカードクラスの金額になっています。アメックスも一般カードがゴールドクラスの価値を持つとされており、それが年会費にも如実に表れています。アメックスゴールドは年会費27,300円で、こちらは一般的なプラチナクラスのお値段です。

 

インビテーションカード(カード会社からの招待がなければ入会できないカード)である、「ダイナースプレミアム」の年会費は105,000円、「アメックスプラチナ」も同じく105,000円です。「アメックスセンチュリオン」に至っては、驚くなかれ年会費は367,500円という超高額設定になっています。

ダイナースとアメックスのグレード比較

ダイナースカードは、「ダイナースクラブカード」で一般的なゴールドカード以上、「ダイナースプレミアム」でブラックカードクラスの価値を持つと言われます。そしてアメックスもまた、一般カードであるグリーンカードがゴールドクラス、アメックスゴールドはプラチナクラスに相当すると言われていますね。それでは、ダイナースとアメックス双方のカードを比較すると、どのカードとどのカードが同ランクと捉えられるのでしょうか?

 

ダイナースクラブカードと並び称されることが多いのは、アメックスのグリーンカードではなく、アメックスゴールドの方です。年会費はダイナースクラブカードの12,600円に対しアメックスゴールドが27,300円と、アメックスゴールドの方が15,000円近くも高いのですが、サービスの質やステイタス性は同等であるとされています。

 

ダイナースとアメックス両者の最高峰カードは、それぞれ「ダイナースクラブ・プレミアムカード」と「アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード」で、どちらも世間では「ブラックカード」クラスのプレミアムカードであると言われていますが、実際のところ、ダイナースプレミアムはアメックスプラチナと比較されることの方が多く、アメックスセンチュリオンは別格の扱いとなっています。

 

ただし、アメックスセンチュリオンは年会費367,500円という破格のお値段と、厳しい審査基準(招待基準)もあいまって、現在ではほとんど新規会員を迎え入れていないという噂もあります。また、ダイナースプレミアムもネームバリューやステイタス性においては申し分ないブラックカードであることに変わりはありません。

アメックスとダイナース、それぞれの得意分野

「ダイナースとアメックス、どちらを選ぶべきか?」・・・これは世の中で頻繁になされている議論ですが、それぞれのカードに得意分野があり、個人個人の好みやカードとの相性もありますので、答えは一つではありません。両方を持って用途によって使い分けるのが良いとする意見も多いようですね。

 

ダイナース最大の強みは、名実ともに利用金額に制限がないことです。アメックスは、全てのグレードのカードにおいて一定の限度額を設けていないのですが、会員の利用状況や資産状況に応じて利用可能枠を個別に設定することになっており、実際のところ利用限度額に関してはかなりシビアな部類に入ると言われています。高額決済に強いのはダイナースということになるでしょう。

 

旅行関連に強いのはアメックスです。海外・国内旅行保険についてはグリーンカードから家族特約が付きますし、空港ラウンジは同伴者も1名無料になります。旅先でのサポートや海外における紛失・盗難等のトラブルに対する迅速な対応力にも定評があります。さすが古くから旅行業を手がけてきたアメックス、クレジットカード業務においても、十八番の旅行関連に力を注いでいるようです。

 

インターネット上のトラブルを補償するオンラインプロテクションは、アメックスにはありますがダイナースにはありません。ネットショップやネットオークションを頻繁に利用される方には、この点も気になるところかもしれませんね。

 

ポイントプログラムは双方とも非常に充実していると評判で、ポイントを無期限保有できる(アメックスは一度景品と交換する必要あり)、マイル移行先が自由に選べるなど、たくさんのメリットがあるようですが、アメックスはポイント還元率があまり良くないという声も散見されます。

アメックスとアメックス、どちらが高ステイタス?

数あるクレジットカードの中で、「2大ステイタスカード」と称されるほど、高いステイタス性を誇るダイナースとアメックス。どちらも世界じゅうで通用し、カードを見せるだけでホテルやレストランでの対応が変わることもあると言われるカードですが、ダイナースとアメックスは、一体どちらがより高ステイタスと言えるのでしょうか?

 

何かと比較されることの多いダイナースクラブカードとアメックスゴールドに関しては、クレジットカードをよく知る方や、実際にどちらか(或いは両方)を所持している方に話を聞くと、ステイタス性はダイナースクラブカードに軍配が上がるという意見が多いようです。

 

というのも、アメックスゴールドはダイナースクラブカードより審査基準がゆるいという噂があり、アメックスゴールドホルダーは世の中に意外とたくさん存在しているのです。一方、ダイナースホルダーはアメックスゴールドほどには多くなく、それほど頻繁に見かけることのないカードなので、やはり希少価値があるようですね。

 

ただ、アメックスが世間一般で広く「ステイタスカードの代名詞」として知られているのに対して、ダイナースはアメックスほど認知されていません。もちろん、クレジットカードについてある程度の知識を持っている方なら誰もが知っていますが、アメックスほど宣伝をしていないこともあってか、ダイナースを知らないという方も少なくありません。よって、ステイタスカードとしての「わかりやすさ」を取るなら、アメックスということになりますが、高級店などでは言うまでもなくどちらも申し分ないインパクトがあります。

アメックスとダイナースのデメリット

高いステイタス性を持ち、世界じゅうで一目置かれるダイナースとアメックスですが、実際に所持・使用するにはいくつかのデメリットも持っています。

 

まず大きなデメリットとして挙げられるのは、年会費が高額であるとことでしょう。もちろん、高額な年会費も頷けるほどの充実したサービスが提供されていますし、ステイタス性も抜群なので、コストパフォーマンスという点では問題ないとするホルダーが多いですが、他社の同等レベルのカードと比較するとかなり高額であることは否定できません。

 

かつてダイナースとアメックスは共に加盟店が少なく、使えない店が多いという問題がありました。高級店ならば大抵の店で使える一方で、安価な店舗や個人商店ではほとんど使えないということも多かったようです。しかし今は双方ともJCBと加盟店業務を提携し、JCBが使える店舗ならば使えるようになっているので、以前に比べれば改善されています。肝心の店舗スタッフがこの事実を把握していないケースも散見されるので、ホルダー自身が確認してスタッフに一声かけなければいけない場面も出てくるでしょう。

 

海外での使用に関しては、アメックスは北米圏に強く、ダイナースはヨーロッパに強いとされています。しかし双方とも「世界じゅうのどの店でも必ず使えるカード」というわけではないので、使い難さを感じることがないとは言えません。ただ、ダイナースやアメックスにしかないメリットもたくさんありますので、目的にあわせて複数のカードを使い分けるのが理想であり、その複数のラインナップの中にダイナースやアメックスを入れておく価値は十分にあると言えるでしょう。


関連記事


全アメックスカードを徹底解説

  1. No.4アメリカン・エキスプレス®・ゴールド・カード

    ゴールドカードならではの宿泊割引や空港での無料ラウンジなどの…

  2. No.4アメリカン・エキスプレス・カード

    初めてのクレジットカードにアメリカン・エキスプレスカードをど…

  3. No.5ANAアメリカン・エキスプレス®・カード

    ANAカードは年間移行ポイントも無制限、100円=1ポイント…


おすすめ記事