アメックスカードが愛される理由

いまの世の中は、言わずと知れたカード社会。店頭で現金を持たずに買い物ができるという事はもはや当たり前になり、自宅にいながら買い物ができるネットショッピングやネットオークションにおいても、クレジットカードは欠かせないものになっています。

クレジットカードの爆発的な普及と足並みをあわせて、多種多様なニーズに応えるあまたのクレジットカードが登場し、少しでも自身にとっておトクなカードを選ぼうと、比較サイトなどを真剣に眺めたことがある方もたくさんいらっしゃると思います。

そんな中で、抜群のブランドイメージを持ち、高いステイタスを誇るクレジットカードのひとつがアメックス(Amex)、つまりアメリカン・エキスプレス(American Exipress)です。アメックスカードは、ダイナーズクラブ(Diners Crub)カードと並んで、クレジットカードの最高クラスに位置づけられるカードで、誰もが認める高いステイタスと、ホルダーを唸らせるほど充実したサービスが有名です。日本初のクレジットカード専業企業がダイナーズなら、日本で最初にゴールドカードを発売したのがアメックス。プレミアムカードの代名詞とも言える存在なのです。

最高クラスのステイタスに、ワンランク上の充実した特典内容。そんな素敵なクレジットカードなら、ぜひとも持ってみたい!と、誰もが一度は思うアメックスではありますが、それだけのメリットを持つカードゆえに年会費は他のクレジットカードに比べると高額で、「持ってみたいけど自分には持てないし、使いこなせないだろう」と断念してしまう方が多いという現実があります。
アメックスの年会費は、一般カードであるアメリカン・エキスプレス・カード(通称グリーンカード)でも12,600円、ゴールドカードになると27,300円という設定になっており、招待制のプラチナカードでは詳細が非公開ながら10万円、さらに上のランクのアメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード(通称“ブラックカード”)ではプラチナの3倍以上にものぼると噂されています。

実際のところ、アメックスのイメージを尋ねると、「サービスは良いけど年会費が高すぎる!」という声はやはり多く、さらにアメックスの得意分野である海外旅行に縁のない方には明確な必要性を見出されなかったり、世界での運用度や加盟店舗の多さを優先して大手他社のカードを選んだりと、クレジットカード選びの早い段階でアメックスを選択肢からはずしてしまったという方も少なくないのではないかと思います。

 

しかし、アメックスを一度でも手にしたことがある方からは、「高い年会費も惜しくない!」、「サービス内容を考えると妥当か、安いくらいだ」という絶賛の声が聞こえてくるのもまた事実であり、これだけ多くのクレジットカードが世に出回る中で、アメックスは絶大な信頼がおけるキングオブクレジットカードとして、未だ君臨し続けています。

アメックスは「海外に強いクレジットカード」として有名で、海外旅行が好きな方や海外出張が多い方には必須の一枚とも言えますが、国内大手JCBとの加盟店業務提携によって国内でも十分に使えるようになっていますし、海外に行く機会がない方にも十分納得、満足できるだけの特典があります。グリーンカードは一般カードでありながら、通常のゴールドカードに匹敵する、あるいはそれ以上のサービス内容だという定評もありますので、ゴールドカードを持つ感覚でアメックスのグリーンカードを選んでみるのも一興でしょう。
アメックスは、皆さんご存知の通り最高ランクのステイタスを持つクレジットカードですが、「使いこなせない」「敷居が高い」などとは思わずに、ぜひ一度お手にとって、その醍醐味を味わっていただきたいと思います。

 

アメックス(Amex)カードとは、アメリカ合衆国のアメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッド(American Exipress International,Inc)が発行しているクレジットカードのことです。

アメリカン・エキスプレスはクレジットカードのみならず、トラベラーズチェックや旅行代理店業務を世界最大規模で行っている企業です。アメックスカードは世界じゅうで信頼され、高いステイタスを誇っています。そのブランドイメージは、ダイナーズクラブカードと並び、数あるクレジットカードの中でも最高ランクに位置付けられます。

アメックスカードの特徴としてまず挙げられるのが、充実したサービス内容です。世界じゅうに拠点を置いて旅行業を営むアメリカン・エキスプレスのカードですから、特に海外でのサポートにおいては非常に充実しており、海外に行く機会が多い人には特にオススメのカードとされています。

ただし、他社のカードと比べて年会費が高いことでも有名で、一般カードであるアメリカン・エキスプレスカード(グリーンカード)でさえ年会費は12,600円、ゴールドカードになると27,300円という値段になります。しかしながらそのサービス内容は、グリーンカードであっても他社のゴールドカードを凌ぐほどであり、「年会費が高くともやはりアメックスを選びたい!」という方は数多く存在します。

 

アメックスカードには、一般カードである「アメリカン・エキスプレス・カード(通称“グリーンカード”)」のほか、「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」、「ビジネス・ゴールド・カード」、「プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード」、「アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード(通称“ブラックカード”)があります。また、ANAアメリカン・エキスプレス・カード(一般/ゴールド)、デルタスカイマイルアメリカン・エキスプレス・カード(一般/ゴールド)など、他社との提携カードもあります。

ゴールドカード以上のランクであるプラチナカード、ブラックカードについては、いわゆる「招待制」となっており、はじめてアメックスカードを持つ方が最初から申し込むことはできません。アメックスから招待状が来た人のみが取得できるカードです。招待状は、ゴールドカードを持つ優良会員に送られるようですが、稀にグリーンカードからプラチナに招待される人も存在する、という話もあります。

ブラックカードは、プラチナカードのさらに上を行くカードで、プラチナカードを持つ人の中から更に選ばれた人だけが招待される、最上級のカードです。プラチナカードやブラックカードの年会費やサービス内容については非公開となっていますが、そのステイタスに恥じない最高のサービス内容は、高額な年会費に見合う、またはそれ以上のものだと囁かれています。

 

アメックスカードといえば「年会費が高い!」の第一印象を既にお持ちの方も少なくないと思いますが、それは紛れもない事実です。というのも、アメックスカードは一般カードであるグリーンカードでも、年会費が12,600円という高額な設定になっています。これは、一般的なゴールドカード相当の年会費です。

ではゴールド以上になるとどれほどの年会費になるのかというと、ゴールドカード及びビジネスゴールドカードは27,300円という設定になっています。一般的にゴールドカードの年会費は10,000前後というのが主流であり、なかには5,000円を下回るものや、条件を満たせば申込の次年度からの年会費が無料になるというゴールドカードまで存在するので、アメックスのゴールドカードは、ゴールドカードの中でも最高ランクのものと言えます。

プラチナカード、ブラックカードに関しては、招待制となっているため年会費は非公開ですが、プラチナカードで10万円、ブラックカードに至ってはプラチナカードの3倍以上にものぼると言われ、まさに究極のクレジットカードという域に達しているようです。

この高額な価格設定を見ると、アメックスを選ぶことを躊躇してしまうかもしれませんが、年会費に見合うだけのサービスが受けられることも有名で、「アメックスの充実したサービス内容を考えれば、年会費なんて安いものだ!」という声があちこちで見受けられます。

 

アメックスの最大の魅力といえば、付帯サービスが非常に充実しているという点です。これは、複数のクレジットカードを比較したことがある方にはもちろんのこと、クレジットカードにそれほど明るくない方にも広く知られていることです。そのサービス内容を、簡単に紹介していきましょう。

まず、アメックスの最も得意な分野である海外旅行については、グリーンカード(アメリカン・エキスプレス・カード)でも最高5,000万円、ゴールドカードでは最高1億円の海外旅行保険が付帯します。グリーンカードは旅行代金を決済した場合のみの付帯(利用付帯)ですが、ゴールドカードは持っているだけでも5,000万円が自動付帯、利用付帯での金額は1億円です。驚きなのが、ゴールドカードはもちろんのこと、一般カードであるグリーンカードにも家族特約が付いている点。国内旅行についても、利用付帯のみとなっていますが、最高5,000万円の国内旅行保険が付帯します。

グリーン、ゴールドともに国内27ヶ所とホノルル(ハワイ)仁川(韓国)の空港ラウンジの無料利用ができ、なんと所有者だけでなく同伴者も1名無料になります。さらに国内外600ヶ所以上の空港ラウンジも格安で利用できます。他にも、手荷物宅配や空港クロークサービスなど、嬉しいサービスが満載です。

旅行関連だけでなく、ショッピング保険やオンライン保険なども納得の内容、購入店が返品を受け付けてくれない場合にアメックスが購入金額を全額返却してくれるリターン・プロテクションも付いています。

ポイントプログラムも中々好評で、ポイント還元率は0.5%と一般的な数値なのですが、1度好きな景品と交換すると以降はポイントの有効期限が無期限になるという点が魅力です。マイレージへの移行ももちろん可能です。

 

アメックスカードといえば、「海外で強いクレジットカード」というイメージを持っている方が多いのではないでしょうか。

世界じゅうに拠点を置いて旅行業務を行っているアメリカン・エキスプレスが発行しているクレジットカードですから、海外でのサポートが非常に充実しており、世界140ヶ国以上、2,200箇所以上の拠点を通じて、航空券やホテル、レンタカーやツアーの手配なども含め、全面的にサポートしてくれます。レストランの予約や医療機関の紹介などについても、ほとんどの国で、24時間日本語での対応を受けられるので、何かと心細い海外での心強いパートナーになってくれそうです。特にアメリカン・エキスプレスの地元であるアメリカでは、アメックスを一枚持っていると非常に役に立つと言われています。

盗難や紛失など、緊急時の対応の早さにも定評があります。「カード緊急再発行」サービスは、アメックスの支店がある国であればどこでも、ほぼ翌日に無料で再発行してもらえるというもので、実際に海外でトラブルに遭われた方が、「アメックスが一番対応が早かった」とコメントされている事例も多くあります。

アメックスカードは、海外に行く機会が多い方には、ぜひともオススメしたいクレジットカードです。お仕事で海外出張が多い方、海外旅行が好きな方は、アメックスを一枚持っていると、安心・ハイクオリティな旅が楽しめることでしょう。

 

「アメックスカードは海外旅行には強いけれど、提携店舗が少なくて不便なんじゃないかしら?」と思っていませんか?

確かに、VISAやMasterといった大手と比較すると、運用度が劣る面もあるようですが、逆に世界では「アメックスだけが使える」という店舗があるのも事実です。

また、実はアメックスは国内大手JCBと加盟店業務を提携しています。使えるクレジットカードの中にアメックスの表示がない場合でも、JCBが使える店舗ではほとんどの場合アメックスが利用できるようになっています。JCBは国内最大の加盟店網を誇ります。もし店舗側から「アメックスは使えません」と言われたとしても、「JCBが使えるようなので、アメックスも使えるはずです」と言ってみてください。

海外旅行にはほとんど行かないという方でも、アメックスを所有するメリットはあります。提携店舗については先述の通り、さらには国内旅行保険や、空港やホテル、レストランでのサービスも充実していますし、ショッピングプロテクションやオンラインプロテクションもしっかりしているので、他と比べて高額な年会費を支払っても満足できるだけのサービスは受けられるようです。

グリーンカードでも、一般のゴールドカード以上の待遇が受けられると評判のアメックスですので、ゴールドカードを一枚持つつもりでアメックスを選ばれるのも良いかもしれませんね。

 

アメックスカードのデメリットとして、まず一番に挙げられるのが年会費だと思います。たしかにアメックスカードの年会費は、他のクレジットカードと比べると格段に高額と言わざるを得ません。

ただこの年会費については、アメックスのホルダーの声を聞いてみると、「付帯サービスを考えれば妥当か格安」という声が大部分を占めており、アメックスのメリットと秤にかければ特に問題ではないと考えられているようです。とはいえ、クレジットカードの年会費として高額であることに変わりはありませんので、通常のゴールドを持つつもりでアメックスグリーンを、通常のプラチナを持つつもりでアメックスゴールドを選ばれると良いかもしれません。

よく危惧されている提携店舗の少なさについては、JCBとの加盟店業務の提携によって解消されつつあるのですが、インターネット決済でアメックスが利用できなかったり、海外でも取り扱い手数料の高さゆえに、思ったよりもアメックスが活躍する場面が少なかったりというケースもあるようですので、ネットショッピングや海外でクレジットカードをよく使うという方は、もう一枚VISAなど大手のカードを所有しておくと安心かもしれません。

このように、アメックスカードにはいくつかのデメリットも考えられますが、それをフォローして余りある高ステイタスと充実したサービスが世界中で認められています。クレジットカードの利便性に「+α」を求めるのであれば、アメックスは必ずやあなたを満足させてくれると思います。

 


関連記事


全アメックスカードを徹底解説

  1. No.4アメリカン・エキスプレス®・ゴールド・カード

    ゴールドカードならではの宿泊割引や空港での無料ラウンジなどの…

  2. No.4アメリカン・エキスプレス・カード

    初めてのクレジットカードにアメリカン・エキスプレスカードをど…

  3. No.5ANAアメリカン・エキスプレス®・カード

    ANAカードは年間移行ポイントも無制限、100円=1ポイント…


おすすめ記事