ゴールドカードといえば「アメックスゴールド」!

クレジットカードが広く普及して、今では「クレジットカードを持っていない」という人の方が珍しい時代です。一人一枚のクレジットカードはもちろんのこと、複数のクレジットカードを所有しているという方も少なくないのではないでしょうか。
そんなクレジットカードユーザーが、一度は手にしてみたいと思うのが「ゴールドカード」。持っているだけでステイタスになる上、一般のカードにはない数々の特典も魅力です。当然ながら、年会費は一般カードに比べると高くなりますが、それを補ってあまりあるメリットが、ゴールドカードにはあります。「ゴールドカードなんて贅沢!」「高い年会費を払っても使いこなせる自信がない」と思っていても、行動パターンとゴールドの特典を照らし合わせてみると、実はゴールドカードを持った方が断然お得!ということだってあるんですよ。

 

さて、一口にゴールドカードといっても、たくさんの種類のカードが存在しています。一つ一つのゴールドカードを比較してみると、年会費にしても特典内容にしても、まさにピンキリ。ゴールドカードの年会費は1万円前後が相場と言われていますが、5,000円以下、2,000円という破格の年会費のゴールドカードもありますし、3万円近い年会費がかかるゴールドカードもあります。
もちろん、年会費が高いものはそれだけサービス内容も充実してきますし、ステイタスも高くなりますね。そしてこれからスポットを当てていきたいのは、ゴールドカードの中でも最高ランクに位置づけられる、「アメックスゴールド」です。

 

アメックスゴールドとは、アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッド(American Exipress International,Inc)が発行しているゴールドカードのことで、正式名称は「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」といいます。アメックスといえば、ダイナーズと並んで非常に高いブランドイメージを持つクレジットカード。アメックスゴールドはプレミアムカードの代名詞とも言える存在です。
実は、このアメックスゴールドこそが、日本で最初に登場したゴールドカードであり、たくさんのゴールドカードが出てきた現在でも尚「ゴールドカードといえばアメックスゴールド!」と連想するクレジットカードユーザーは多いのです。

 

先述のとおり、アメックスゴールドは最高ランクのゴールドカードですので、当然年会費は高額で、年間27,300円という設定になっています。この金額を聞くと、「高すぎる!無理!」と思う方が多いかもしれませんが、アメックスゴールドのユーザーからは、「サービス内容を考えると妥当だ」、「年会費も高いが、それ以上にサービスが良い!」という声が数多く寄せられています。そう、アメックスゴールドは、その名に恥じないハイクオリティなサービス内容をもって、ユーザーから絶大な信頼を得ているのです。

 

そもそも、アメックスのクレジットカードは、一般カードであるグリーンカード(正式名称は「アメリカン・エキスプレス・カード」)でも、通常のゴールドカードを凌駕するほどのサービス内容を提供していることが知られています。年会費も12,600円と一般カードとしては別格の設定になっていますが、それを高いと感じさせないほどのクオリティを持つカードとして、根強い人気を集めていますね。
一般的に、「アメックスは高い!」というイメージがあると思うのですが、「アメックスは高い!でも凄い!」というのが事の真相であるのも確かで、コストパフォーマンスという点では非常に優れていると言えるようです。

 

誰もが一度は「持ってみたい!」と憧れる、ゴールドカードの王様「アメックスゴールド」。その中身を知ると、憧れを現実に変えたくなるかもしれません。それではこれから、アメックスゴールドについてさらに詳しく紹介していきたいと思います。

アメックスゴールドは日本初のゴールドカード

様々なゴールドカードが世に送り出され、昔ほど所有するのが難しくなくなったゴールドカードではありますが、以前はゴールドカードといえば「選ばれた人だけが持てる究極のクレジットカード」という印象がありました。審査も今よりずっと厳しかったし、並の収入ではとても持てないプレミアムカードでした。だからこそ、持っているだけで一目置かれる、最高のステイタスとなり得たのです。

さて、このゴールドカード、一体いつ頃から世の中に出回り始めたのでしょうか?実は、日本初のゴールドカードは、アメックスゴールド(アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード)なのです。時は1980年、アメックスゴールド発行の後を追うように、他のクレジットカード会社もゴールドカードの発行を行いました。

実は、日本におけるアメックスカードの発行は、一般カードよりもゴールドカードのほうが先なのです。一般カードであるアメリカン・エキスプレス・カード(通称グリーンカード)は、アメックスゴールドから遅れること3年、1983年に発行されています。アメックスは、ゴールドカードの先駆者であり、老舗中の老舗なんですね。

アメックスゴールドは、ゴールドカードの中でも最高ランクのステイタスを誇る究極のゴールドカードとして知られています。日本初のゴールドカードであるという歴史も、アメックスゴールドが一目置かれる理由の一つなのかもしれません。

現在では、経営者向けに作られた「アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールドカード」も発行され、個人事業主や中小企業経営者の方を中心に人気を集めています。

アメックスゴールドは究極のステイタス

今はバブル期とは違い、少しでも多くのユーザーを獲得したいカード会社が、年会費を低く設定したり、審査基準を緩めたりして、ゴールドカードはかつてのように「持ちたくてもなかなか持てない」という存在ではなくなってきています。もちろん、取得が容易なゴールドカードでは、サービスに制限があることが多いです。しかし、単に「ゴールドカードを所有する」という点においては、昔に比べると随分ゆるくなっているのが事実であり、それゆえにゴールドカードのステイタスも下がってしまったように感じている人も少なくありません。

そのような傾向の中でも、発行当初から変わらない、最上級のステイタスを誇り続けているのが、アメックスゴールド(アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード)です。アメックスゴールドは、ゴールドカード本来、あるいはそれ以上のクオリティを今なお保ちながら、プレミアムカードの代名詞であり続けています。

多くのクレジットカードユーザーにも、アメックスゴールドは通常のゴールドカードとは別格であるという認識は浸透しています。そればかりか、クレジットカードにそれほど詳しくない人にも、「アメックスのゴールドカード」のブランドイメージは広く知られており、持っているだけでも強烈なインパクトを与える一枚なのです。

アメックスゴールドの年会費

アメックスゴールド(アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード)の年会費は27,300円。「そろそろゴールドカードを持ってみようかな」と思っている方でも、この年会費を見てアメックスを候補から外す方も少なくないと思います。一般的なゴールドカードの年会費の相場は、10,000円前後。現在では年会費5,000円以下のゴールドカードも決して珍しくはありませんので、27,300円という金額はやはり非常に高額ということになります。

アメックスには、一般カードであるグリーンカード(正式名称はアメリカン・エキスプレス・カード)もありますが、このグリーンカードでさえ年会費は12,600円となっており、これは一般のゴールドカード並のお値段です。アメックスゴールドが高額である、というよりは、アメックスそのものが、1ランク上のクレジットカードなんですね。

この年会費を見ると、「いくらステイタスが高いとはいえ、とてもじゃないけど持てない!」と思う方もいるかもしれません。しかし、アメックスゴールドはその名や年会費に見合うだけの特典・サービスを提供していることもまた周知の事実であって、アメックスゴールドのユーザーからは「確かに高いけれど、それだけの価値はある」という意見が多いようです。

海外旅行の最強パートナー、アメックスゴールド

アメックスといえば、まず外せないのが「海外旅行にとにかく強い」という点でしょう。発行元のアメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッド(American Exipress International,Inc)は、クレジットカード業務のほかに、世界じゅうに拠点を置いて旅行関連業務を営んでいる企業ですから、これは必然とも言えます。

航空券やホテル、レンタカーの手配、レストランの予約、ツアーの案内・手配など、旅をトータルサポートしてくれるので、何かと心細い海外旅行の心強い味方に。とくに地元である北米周辺への旅の際には、アメックスを一枚持っていると非常に心強いという話です。医療機関の紹介などについても、ほとんどの国から24時間日本語で対応してくれます。

手荷物宅配サービスや空港ラウンジが無料利用できる等の特典ももちろんあります。しかも空港ラウンジについては、カード所有者だけでなく同伴者も一人無料になります。フライト遅延時、キャンセル時の補償などもあるので、安心して旅行に臨めますね。

海外旅行保険は最高1億円(利用付帯時。自動付帯時は5,000万円)、国内旅行保険は最高5,000万円(利用付帯のみ)です。もちろん家族特約もあります。補償額は1,000万円、こちらは利用付帯でも自動付帯でも同一の補償額になっています。

紛失や盗難などのトラブルに遭遇した際の対応も非常に迅速であると評判で、「カード緊急再発行サービス」によって、アメックスの支店がある国ならどこでも、ほぼ翌日には緊急再発行してくれます。

アメックスゴールドの特典いろいろ

サポート面でもステイタス面でも、海外旅行にめっぽう強い、特に北米圏ではホテルでアメックスゴールドを見せるだけで対応がガラリと変わるとも噂されるアメックスゴールドですが、海外旅行以外の場面でもしっかりと活躍してくれるゴールドカードです。そもそも、アメックスゴールドは「高ステイタスではあるけど、海外旅行をしない人には、あまりメリットがないのではないか」という印象を持たれていることもあると思いますが、決してそんなことはありません。

アメックスゴールドは、海外のみならず国内旅行にも活躍します。旅行代金をアメックスで決済すれば、5,000万円の国内旅行保険が付帯しますし、家族特約もあります。キャンセル・プロテクションサービスでは、病気・ケガなどの事情があって購入済みの旅行やコンサートにいけなくなった場合、キャンセル費用等の損害を補償してくれます。空港ラウンジの利用は国内外600箇所以上で可能なので、国内旅行もリッチな気分でゆったりと楽しめますね。

普段のお買い物に関するサービスも満載で、ショッピングプロテクション、いわゆる買い物補償は、購入日から90日間、年間最高500万円まで補償。心当たりのないインターネット上での不正使用による損害を全額補償してくれるオンラインプロテクションもあります。また、アメックスで購入した商品に関しては、購入店が返品を受け付けてくれない場合でも、90日以内ならアメックスが引き取り、購入金額の全額を返却してくれるという、驚きのサービスもあります(リターンプロテクション)。

ポイントプログラムは、一度景品と交換した後はポイントの有効期限が無限になるというメリット付き。ANAマイルをはじめ、各社のマイルに変換も可能です。その他にも、国内外の旅行やショッピングの際に嬉しい特典がビックリするほどたくさんあります。さすがプレミアムカード、「年会費が高くても十分に元は取れる」という声にも頷けます。

アメックスゴールドの審査

アメックスゴールドの魅力を知るにつれ、「アメックスゴールドを持ってみたい!」という気持ちが高まってくる方も少なくないと思います。世間にゴールドカードは多々あれど、ゴールドカードのハードルが低くなってきた昨今、ここまでゴールドカードらしいゴールドカード、ゴールドカード以上の価値を持つゴールドカードは、それほど多くありません。

しかし、誰もが気になるのは、やはりアメックスゴールドの入会資格を得るための「審査基準」でしょう。ゴールドカードの入会審査は、年収や勤続年数(安定収入の有無)、返済状況や入金状況といったいわゆるクレジットヒストリーなどを参考に行われます。2,000年代前半までは、標準的なゴールドカードの入会基準は、「満30歳以上、年収500万円以上、勤続年収5年以上」であったと言われていますが、現在は年齢も25歳や20歳に引き下げられ、年収基準も明記していないものが増えています。

さて、気になるアメックスゴールドの審査基準はどうかというと、実は審査基準の詳細は明記されていません。しかし噂によると、収は500万円以上が望ましいとか、個人事業主や起業家は優遇される傾向にあるとか、会社勤めの場合はその会社の信用度なども影響してくると言われています。年齢制限についても、以前は25歳以上とされていたのですが、現在は明記されていないようです。

公に明記されていない以上はっきりとしたことは言えませんが、特別に審査が厳しいというわけではないようで、年収が400万円以下のゴールドカードホルダーもいるとの話も聞きます。安定した収入があり、アメックスゴールドに興味があるという方は、まずは審査にチャンレンジしてみましょう。不安のある方は、まずグリーンカードを持って、後にアップグレード申請をするというのも一つの手段です。ただ、審査を通っても条件によって利用限度額が変わったりということはあるようですね。

めざせアメックスプラチナカード!

アメックスゴールドを手に入れたら、次に目指したいのが「プラチナカード」の取得です。実はアメックスカードには、ゴールドの上の「プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード」、さらに上の「アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード(通称“ブラックカード”)」が存在します。

「え?そんなカードは申し込みできなかったけど・・・」とお思いの方もいるかもしれません。そうなんです、プラチナカードとブラックカードは、いきなり申し込むことはできず、アメリカン・エキスプレスからのインビテーション(招待)が来て初めて門戸が開くものなんです。

プラチナカードの招待状は、主にアメックスゴールドの優良会員に送られるということですが、ごく稀にグリーンカードからプラチナに招待される人もいるとかいないとか。招待の条件が公表されているわけではないので推測の域を出ませんが、概ね100万円~200万円のゴールドカード決済でプラチナカードへの招待が届くと言われています。もちろん、これまでの返済に問題がないことが絶対条件でしょう。

アメックスプラチナカードの年会費は、こちらも公表されているわけではありませんが、世の中に出回っている情報を集めてみると、現在のところ105,000円という設定になっているようですね。年会費105,000円・・・この価格を見ただけでも、特別なプレミアムカードであることがわかります。


関連記事


全アメックスカードを徹底解説

  1. No.4アメリカン・エキスプレス®・ゴールド・カード

    ゴールドカードならではの宿泊割引や空港での無料ラウンジなどの…

  2. No.4アメリカン・エキスプレス・カード

    初めてのクレジットカードにアメリカン・エキスプレスカードをど…

  3. No.5ANAアメリカン・エキスプレス®・カード

    ANAカードは年間移行ポイントも無制限、100円=1ポイント…


おすすめ記事