アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード(アメックスプラチナ)のメリット・デメリット徹底解説

 

数あるクレジットカードのなかでも、ひときわ高いステイタスを誇るクレジットカードといえば、アメックスことアメリカン・エキスプレス(Amex,American Exipress) が挙げられますよね。なかでも、アメックスのゴールドカードともなると、持っているだけで一目置かれるようなクレジットカード。ゴールドカードといえばまずアメックスが思い浮かぶという方も多いですし、アメックスの地元である北米圏においては、ホテルや高級レストランでアメックスゴールドを使用するだけで対応がガラリと変わる、などという噂もまことしやかに囁かれているほどです。

ところで、このアメックスゴールドカードのさらに上をいくプレミアムカードが存在することをご存知ですか?それは、「プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード」、いわゆる「プラチナカード」です。プラチナカードは、一般的にゴールドカードより上のランクのカードで、ゴールドカードよりさらに高い付加価値を提供するクレジットカードです。プラチナカードはアメックス以外に、ダイナーズ、JCB、三井住友VISAなどの主だったクレジットカード会社からも発行されています。

アメックスはダイナーズと並んで、最高クラスのステイタス性を持つクレジットカードですから、そのプラチナカードの価値の高さは想像に難くないですよね。実は、世界で最初のプラチナカードはアメックスなんです。1984年に米国で「アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード」が発行され、その後を追ってVISA、Master、JCBブランドのプラチナカードが多数発行されました。

 

しかしこのアメックスプラチナカードの会員になるには、ゴールドカードと同様に申込みをして審査基準をクリアすれば良い、というものではありません。発行元であるアメリカン・エキスプレスからのインビテーション(招待)を受けて初めて、プラチナカードを手にするチャンスが与えられます。ただ、アメックスプラチナカードの年会費は105,000円とかなりの高額なので、招待状を受け取った方が皆気軽に申し込めるというものではありません。

 

この105,000円という年会費には、驚く方もたくさんいらっしゃるでしょう。世に出回っているプラチナカードの年会費にはわりと大きなばらつきがあり、安価なものでは20,000円台や30,000円台、標準クラスのプラチナカードでは50,000円前後といったところになるでしょうか。アメックスプラチナの105,000円は、言うまでもなく最高ランクの高額設定です。
もちろん年会費に連動するように、それぞれのプラチナカードの特典内容は変わります。当然ながら、年会費が高いプラチナカードほど、それに見合った付加価値が付いてくると見て良いと思います。プラチナカード低価格化の目的はやはり新規会員獲得であり、同じ理由で、招待状なしで入会申込みができるプラチナカードも増えてきているようですね。

 

クレジットカードのステイタス性というのは、発行から年月が経ち、同じランクのカードが増えるにつれて、薄れてきてしまうようなところがあります。特にバブル崩壊後は、少しでも多くの新規会員を獲得するために、多くのカード会社がゴールドカードやプラチナカードの入会基準を下げたり、はじめからクリアしやすい基準を設定した新たなゴールドやプラチナを世に送り出したりしました。
それによって、プラチナカードも正直かつてのような希少性を持つものではなくなりましたが、アメックスプラチナカードは、時代がどれだけ変わろうとも、依然として高いクオリティを保ち、プラチナの中のプラチナとして君臨し続けています。世の中にプラチナカードはたくさんあるけれど、「持つからにはやはりアメックスプラチナを持ちたい!」と思う人々が多いのも納得ですね。

 アメックスのプラチナカードは日本初のプラチナカード

 

クレジットカードが世の中に登場したばかりの頃は、クレジットカードを持っているだけでも、「リッチな人なんだな」、「社会的に地位や信用がある人なんだな」というような印象を持たれていました。そして、クレジットカードが広く普及し始めると、今度はゴールドカードという高ステイタスのカードが発行され、ゴールドカードホルダーには畏敬と羨望の眼差しが送られるような時代となりました。

日本におけるゴールドカードの登場は1980年のこと。アメックスことアメリカン・エキスプレスから発行された、「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」が日本初のゴールドカードでした。その後、他のカード会社から次々にゴールドカードが発行され、新規会員獲得のため低年会費のゴールドカードやヤングゴールドカードなども世に送り出される中、アメックスゴールドは高いステイタス性とサービス内容を維持し、現在でもなお一目置かれるゴールドカードであり続けています。

しかし、ゴールドカード発行当時のような圧倒的なステイタス性というのは、ゴールドカードの増加と多様化によって、時代と共に薄れてきてしまったようにも思います。そこで、ゴールドのさらに上をいくプレミアムカードとして登場したのが、プラチナカードです。ゴールド(金)よりも高い価値を持つプラチナ(白金)が、この名の由来となりました。

そして、このプラチナカードを最初に発行したのが、ゴールドの先駆者でもあるアメリカン・エキスプレス。アメックスは、プレミアムカードのパイオニアとも言える存在なのです。

アメックスプラチナカードに招待されるには

プラチナカードは、ゴールドカードのさらに上のランクに位置づけられるプレミアムカードで、ゴールドカードよりさらに豊富な特典内容を持ち、年会費も高額であるということが知られています。そして、そのプレミア感をさらに高めるのが、「多くのプラチナカードは、カード会社から優良会員としてインビテーション(招待)を受けて初めて手にすることができる」という点です。最近では招待状なしで入会できるプラチナカードも出てきましたが、招待制のプラチナカードほどステイタス性が高いというのは否めません。

アメックスプラチナカードも、やはり入会は招待制となっています。ほとんどの場合は、ゴールドカードホルダーの優良会員にプラチナカードへの招待状が送られるようですが、一般カードであるグリーンカードから一気にアップグレードする方も皆無ではないという噂があります。

インビテーションの条件についての詳細は公表されていないので、巷に出回っている情報をもとに推測してのお話にはなってしまいますが、概ね100万円~200万円のゴールドカード決済でプラチナカードへの招待状が届くと言われています。その他にも、年齢や年収など様々な条件があるものと推測されます。もちろん、これまでの返済状況に問題がないことも、絶対条件となっているでしょう。

アメックスプラチナカードの年会費

プラチナカードはゴールドカードよりも高いステイタス性を持ち、サービス内容もUPする分、当然ながら年会費も高額になってきます。では、アメックスプラチナカードの年会費はいくらなのでしょうか?

実は、プラチナカードは招待制ということもあってか、発行元のアメリカン・エキスプレスは正式にプラチナの年会費を公表はしていません。ただ、世の中のプラチナホルダーからの情報によると、アメックスプラチナカードの年会費は105,000円とされており、これはほぼ事実と相違ないと見て良いでしょう。

105,000円という年会費は、他社のプラチナカードと比較してみても最高ランクの金額です。一般的なプラチナカードの年会費は、中間的なところで50,000円前後、比較的安価なものでは20,000~30,000円台のものもあるということを考えると、アメックスプラチナの年会費がいかに高額であるか、おわかり頂けると思います。アメックスはゴールドカードでも27,300円という年会費がかかりますから、他のクレジットカードとはやはり一線を画しているという印象を受けますね。

アメックスプラチナカードと同じ105,000円という年会費が設定してあるクレジットカードは、他に「ダイナーズクラブ・プレミアム・カード」があります。これは、アメックスと並んで最高ステイタスのクレジットカードと称されるダイナーズクラブの、プラチナに相当するクレジットカードです。

 

アメックスプラチナカードのサービスとは?

アメックスは、一般カードであるグリーンカードでもゴールド並のサービス、ゴールドカードではゴールド以上のサービスを提供していると定評がありますので、プラチナカードのサービス内容にも期待が高まりますよね。そしてやはりその期待を裏切らず、アメックスプラチナカードのサービス内容は、他社のプラチナカードと比較しても頭一つ抜けていると言われています。

アメックスプラチナカードの主な特典は、まず世界500ヶ所以上の空港ラウンジを無料で利用できるプライオリティ・パス、世界各国500件以上のホテル、リゾートの部屋をアップグレードし優待サービスを提供するファインホテル・アンド・リゾートなど、海外旅行に強いと言われるアメックスらしい魅力的なサービスが満載です。

さらに、カードデスクで購入した普通運賃航空券を無料でアップグレード、もしくはプラス1名分を無料とするサービスや、電化製品等が破損した場合に、カードで購入したか否かを問わず、試用期間に応じて50~100%を補償してくれるサービスもあり、国内旅行や普段の生活の中でも嬉しい内容になっています。

何といっても嬉しいのが、24時間365日、カードホルダーの要望に応えてくれる「プラチナ・デスク」。このプラチナ・デスクは、「Noと言わないサービス」として非常に高く評価されています。また、毎年お誕生日にはプレゼントを届けてくれる嬉しいサプライズもありますよ。

 

アメックスプラチナホルダーの生の声

数あるプラチナカードの中でも最上級のステイタスを持ち、頭一つ抜けたサービス内容を誇るというアメックスプラチナカード(アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード)。実際にそのプレミアムカードを手にした人々からは、一体どのような評価をされているのでしょうか?

まず非常に多くのアメックスプラチナホルダーが口を揃えるのが、「プラチナ・デスクのクオリティの高さ」です。対応の仕方、言葉遣いなども含めて、良く教育されていて丁寧かつ優秀であるという声が多く寄せられています。

評価が人によって分かれるポイントは限度額です。アメックスプラチナカードは、限度額の設定はないのですが、実質的にはある程度の限度額が設定された状態からスタートし、実績に応じて限度額がUPしていくというスタイルのようです。特に最初の段階では限度額が低めの設定になっているので、「プラチナカードなのに」と不満に感じる方も少なくないようです。ただ、使用しているうちに順調に限度額が上がっていくので問題はないという意見も多々見受けられます。

また、これはプラチナに限ったことではないのですが、「アメックスは使えないことが多い」という印象を持たれている節があります。しかし、実際には国内大手JCBとの加盟店業務提携によってJCBが使える店舗ではほとんどの場合アメックスが使えるようになっていますし、海外とくにアメックスの地元である北米圏では非常に心強いパートナーになるので、不便を感じる方はそれほど多くないようですね。

招待状なしでアメックスプラチナの会員に?

アメックスプラチナカード(プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード)の会員になるには、発行元のアメリカン・エキスプレスからの招待状が必要です。ただ、アメックスカードには、「プラチナ」という名の付くものが他にもあって、招待状なしで入会ができます。

厳密に言うと、それはアメックスが他社と提携して発行したプラチナカードで、MUFGカードとの提携による「MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレスカード」や、セゾンとの提携による「セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレスカード」などがあります。

これらは、ステイタスとしてはゴールドとプラチナの中間に位置づけられます。上記に紹介した2枚とも、年会費は21,000円となっており、プラチナカードとしては破格の値段です。しかも、この年会費はアメックスゴールド(アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード)の年会費27,300円を下回っているんですね。

招待状なしで入会でき、しかも年会費も高くないということで、「手が届きやすいプラチナカード」として、憧れのプラチナカードを手にする第一歩として多くの方に選ばれているほか、プラチナカード提携している他のカード会社とアメックスの両方の魅力をいい所取りできるというのも魅力なので、世間での評判は上々のようです。もちろん、プラチナの名に恥じない上質のサービスが用意されていますよ。

 

プラチナの向こう側、【ブラックカード】

最高に高いステイタスと、満足度120%のサービス。憧れのアメックスプラチナカードを手にしたら、これまでとは違う世界が開けてくることでしょう。ところが、このプラチナのさらに上をいく、最上級クラスのプレミアムカードが存在することを知っていますか?

その名は、アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード。通称アメックスブラックカードと呼ばれています。アメックスプラチナカードホルダーの中から、さらに選ばれた会員だけがインビテーション(招待)を受けるという究極のクレジットカードで、アメリカにおいては1999年、日本では2002年から発行されています。その年会費は、実にプラチナの3倍以上にのぼるという情報も。

このアメックスブラックカードについては、当然ながらゴールドやプラチナよりもホルダーの絶対数が少ないため、サービスなどの詳細に関する情報も少ないのですが、利用限度額は無制限、「公序良俗に反しない限りはどのような要望にも応える」というコンシェルジュサービス、ホテルはスイートにアップグレードされる等等、驚愕の口コミ情報が飛び交っています。

ブラックカードへの招待を受けるために、一体どれほどの条件をクリアしなければならないのか、公表がないため定かではありませんが、アメックスプラチナカードの保有、そして信用ある実績を積むということが大前提であると推測されます。

ピックアップ記事

  1. 2015.12.03 | アメックスゴールド

    自分でもアメックスゴールドが!? アメックスを選んだ理由
  2. 2015.08.25 | アメックスカード一覧

    世界で通用する2大ステイタス!デルタアメックスカード
  3. 2015.08.25 | アメックスカード一覧

    ANAアメックスカードは、とにかくどんどんANAマイルが貯まる!

メリット・デメリット徹底解説